看護師求人公務員トップページ > 公務員の看護師の面接対策は?

公務員の看護師の面接対策は?

公務員看護師を目指すとなれば、就職試験は、当然のごとく受けなければならないでしょう。就職試験は、それぞれの病院によって、異なっているという特徴があります。しかしながら、ほとんどの病院が、新卒者に対しては、筆記試験(小論文)と面接を課すことが当然とされています。SPI試験やクレペリンなどの適性検査を課すところもありますが、決して難しいことをさせるなんてことはないでしょう。

看護加算制度が変更になると言われている昨今、専門学校卒であっても現在まったく就職には困りません。国立病院なども、看護師の確保には必死になっている状態ですし、のどから手が出るほど看護師をほしがっているという状況なのですよ。それほどまでに看護師の人材不足に、医療業界が喘いでいるということが言えるのです。大手の病院に関して言えば、リクルーターが全国の看護師養成機関をまわっていて、とにかく良い人材を確保しようと躍起になっている状況なんですね。しかしそこまでに必死で新しい人材確保に動いている病院機関であっても、予定の半分も採用することができないというところもあるのですよ。

しかしながら、やはり就職試験には、面接がつきものですよね。さまざまに考えられる対策はありますから、個人レベルでも面接対策を練ることはできるでしょう。ただ、やはりその病院の傾向なんてものは、募集広告なんてものを眺めているだけではわかりませんよね。文字数にだって制限はあるだろうし、わざわざデメリットと思えるようなことを書くような病院はないでしょう。

また、実際にその病院に訪れたとしても、働いている人間のことなどは、外から見ても把握することはできないでしょう。こういったことは、内部事情に詳しい人間に情報提供してもらうのが一番でしょうね。それが分かったところで、公立の病院に知り合いなんてものが存在していない場合には、情報を得ることはできないでしょう。また、直接に電話などをかけて問い合わせても、聞きづらいものはあるものです。ましてや面接で何を聞かれるの?なんてことは、聞いたって教えてくれるわけもありません。

こういった場合には、看護師専門の転職支援サービスサイトを上手に使い、面接対策を講じましょう。そうでない限り、なかなかに面接で良い結果を生むことはできないでしょう。業界に明るいキャリアコンサルタントに、面接の傾向を聞けば、対策を講じてくれることにもなりますからね。

>>公務員として働きたい看護師さんはチェック!人気サイトランキングはここ!

公務員の看護師求人に強いサイトランキング!