看護師求人公務員トップページ > 公務員の看護師の年齢制限は?

公務員の看護師の年齢制限は?

世の中の職業には、年齢制限というものが、つきまとっているものです。いくら人材不足が叫ばれている看護師の世界でも、定年年齢間近の人間を、看護師として採用するなんてことは、考えにくいもではないでしょうか。

特に公務員看護師の場合には、各都道府県や自治体などによって、年齢制限を設けていることがありますから、民間の病院機関から、公務員看護師になりたいと望んでも、年齢制限により、引っかかってしまい、その道が閉ざされてしまうということもありえるのです。もしも公務員看護師の道を志したいというのであれば、自分が働きたいエリアの公務員看護師の年齢制限というものをしっかりと確認しておき、自分がその年齢制限に引っかかっていないかを、まずは確かめてから、公務員看護師への転職を考えましょう。

新卒と中途採用でも、各自治体によって、年齢制限の設け方というものは、さまざまです。ここで一例を挙げていくとキリがありませんから、各自治体のホームページなんてものを調べてみるのが一番てっとり早い方法でしょうね。これよりも確実な情報を獲得したいというのであれば、看護師専門の転職支援サービスサイトを利用し、キャリアコンサルタントに問い合わせてみるのが一番だと言えるでしょうね。自分が担当するエリアの求人ならば、民間のものであろうが、公共の公務員看護師の求人であろうが、確実なデータは持っているはずですからね。

自分が担当しているエリアの公務員看護師の条件が、年齢制限も含め、どういったものであるかの把握くらいは、確実にしているはずですよ。たとえば東京都の場合ですと採用の新卒職員は、満30歳以下となっているはずです。もっと詳しく言うならば、たとえば都立病院の採用は1種B採用と、2主催用というものにわけられています。1種B採用の場合は、前述にもあるとおり、満30歳未満。そして2種であれば45歳までという年齢制限が設けられています。

これはあくまでも「東京都」の話であり、本当にその自治体によってまちまちなわけですから、前述にあるように個人レベルで、働きたいエリアの自治体のホームページを細部までチェックし、募集条件を確認する方法しかありません。それこそ病院の規模であったり、その病院が目指す方向性などによっても、随分と変わってくることでしょう。エリアによっては、高齢化が進み、年齢制限をある程度上に余裕を見ている可能性も高いですからね。

>>公務員として働きたい看護師さんはチェック!人気サイトランキングはここ!

公務員の看護師求人に強いサイトランキング!