看護師求人公務員トップページ > 公務員の看護師の給与・年収は?

公務員の看護師の給与・年収は?

看護師にはいろいろな勤務場所があります。当然、地方公務員として看護師の仕事をする選択肢もあります。現在は大都市を中心に公務員の看護師を廃止する方向に大勢が傾いていますが、まだ地方の小規模な自治体では公務員の看護師を継続募集しています。

そこで今回は公務員看護師を目指す人に向けて、公務員看護師の給料や年収を考えたいと思います。

■中小の民間病院に勤務する看護師<公務員看護師≦大きな民間病院に勤務する看護師
公務員看護師の月収や年収は、一概には説明できない難しさがあります。地方自治体によって給与水準や福利厚生が変わってくるからですが、大まかな傾向として、民間の中小病院に勤務する看護師よりも月収や年収は高く、民間の大病院に勤務する看護師よりも月収や年収はやや低いと考えれば間違いはありません。

そもそも公務員の給与は、民間企業の給与水準を参考に決められています。看護師も一緒で、地方自治体の職員である公務員の年収や月収が、民間の大病院を圧倒して高くなるといった現象は基本的に起こりません。民間病院の平均値を取るので、突出して恵まれているともいえませんし、全く恵まれていないともいえません。

■公務員看護師の給与例
例えば富山県に射水市という地方自治体があります。富山県内でも比較的小さな自治体ですが、射水市も市職員として看護師を採用しており、待遇は以下のようになります。

給与:188,900円(初任給)
諸手当:通勤手当、期末手当、勤勉手当など

その他、賞与もありますが、初任給が他の業種と比べて高い看護師にしては、「高い」と言えない金額だと思います。もちろん諸手当を込めれば他の業種より高くなりますが、民間の大病院に勤務する看護師と比較すると、高いとはいえない現状があります。

射水市よりもはるかに大きな自治体、例えば札幌市の場合はどうでしょうか? 札幌も市立病院で勤務する看護師を募集していますが、待遇は以下のようになっています。

給与:大学院修了190,550円、大学卒177,160円、短大卒161,298円
諸手当:期末手当、勤勉手当、寒冷地手当

諸手当込みでそこそこの月収にはなるかもしれませんが、大都市にある民間の大病院勤務の看護師給料と比較すると、物足りない印象があります。

■地方自治体の看護師になりたいなら、各自治体のホームページをチェックする
地方自治体の職員として働きたい場合は、各自治体のホームページをチェックするしか手はありません。非常勤のような仕事であれば、民間の転職支援サービスにも求人情報は流れてきますが、正規の求人を求める場合は基本的に自力のリサーチになります。

逆に正規の職員になるための足掛かりとして非正規職員を体験しようと考えている方は、民間の転職支援サービスに登録をして、その通りの求人をスタッフに教えてもらうと効率的です。

>>公務員として働きたい看護師さんはチェック!人気サイトランキングはここ!

公務員の看護師求人に強いサイトランキング!