看護師求人公務員トップページ > 沖縄県の公務員看護師求人は?

沖縄県の公務員看護師求人は?

沖縄県は離島が数多く存在しており、本州や都心部に比べ医療レベルが低いとされています。医療機関や教育機関が集中している那覇市などには県立病院や数多くの一般病院が所在しているのですが、ほとんどの離島は診療所で診察や治療を受けるので場合によっては本土に移動して治療や手術を行うことがあります。そのため公務員にかぎらず一般病院の医師や看護師も人材不足となっている病院が数多く存在します。看護師専門の転職サイトなどを利用すると、一般病院から国立病院まで多くの沖縄の看護師求人を見ることができます。

沖縄県の公務員の看護師の求人事例数は他の県に比べて極めて少ないです。その中でも一番数が多いのは県立病院や市立病院に勤務する地方公務員の看護師求人で、地方公務員の求人例は他の県とはちょっと違う特徴的な求人も見ることができます。社会福祉事業団での社会福祉・介護を業務とし、給与は17万〜23万円となっています。地方公務員は、沖縄本土にかぎらず離島からの求人も多数見られます。地域に密着した医療に取り組みたい方におすすめです。

沖縄県宜野湾市には国立病院機構沖縄病院があります。この国立病院機構が運営する病院は国家公務員として扱われ、国家公務員に準ずる待遇を受けることができます。年に2回の看護職員募集を行っており、実務経験を必要とせず受験することができます。仕事内容は病院内の看護業、給与は大卒で19万〜、短大3卒で18万円〜、短大2卒で18万円となっています。国家公務員共済組合健康保険や国家公務員退職手当適用法など、国家公務員ならではの待遇を受けることができ、原則として4週8休となっているためプライベートを充実させることもできるでしょう。

沖縄県は自衛隊の病院に勤務する特別職国家公務員の求人も存在しています。主に自衛隊員よその家族が診察を受ける病院ですが、近年保険医療機関化により地域住民の医療提供も可能になりました。詳しい募集要項は転職サイトなどを利用することで閲覧できますが、給与は地方・国家公務員よりも高めなので安定した収入を得ることができます。

沖縄県の公務員の看護師の求人事例は少ないので、一つ一つの求人をじっくり比較して病院を決めるといいでしょう。また沖縄県の公務員の看護師の求人事例の中には一般公開されないものも多いです。看護師になった方の多くは非公開求人から就職・転職を成功させています。直接病院に問い合わせるかネットの転職サイトを利用するといいでしょう。

>>公務員として働きたい看護師さんはチェック!人気サイトランキングはここ!

公務員の看護師求人に強いサイトランキング!