看護師求人公務員トップページ > 公務員の看護師の志望動機は?

公務員の看護師の志望動機は?

公務員の看護師になろうと思うと、試験や面接で公務員としての心構えや倫理観などを語るように求められます。あるいは志望動機として求められるケースもあります。そこで今回は公務員看護師を希望する人に向けて、公務員看護師の志望動機を考えたいと思います。

■志望動機は個別具体的に
結論から先に言いますが、地方自治体の職員として看護師になりたい場合は、志望動機を個別具体的にまとめる必要があります。その理由は簡単で、頭で考えた抽象的な志望動機では面接官にアピールできないからです。

特に規模のある自治体になると、応募者もかなりの数になります。基本的にライバルとなる応募者は志望動機を対策本や公務員予備校などを参考にしてまとめてくるので、自然と似通ってきます。その中に同じような内容の志望動機をあなたが1つ増やしても全くアピールにはなりません。

実際に自治体を歩き、いろいろな話を聞いて回って自分の目で問題点を明らかにし、看護師なりにその問題解決にいかに貢献できるのか、可能な限り具体的に書いた方がアピールは大きくなります。

■具体的に現状を知りたいなら非正規で働く期間を設けてもいい
希望する自治体の現状を見るとなると、市民の立場では限界があります。そこで個別具体的に自治体が抱える問題や課題を知りたいなら、実際に公立病院などに非常勤として入ってみて、自分の耳で目でいろいろと情報収集をするといいと思います。

逆にそのくらいの行動力と発想が無ければ公務員試験では採用になりませんし、民間病院ではなく公立の病院で何のために働くのか、自分自身も納得ができないと思います。例えば「公務員は処遇がいい」といったレベルの動機では公務員看護師は務まらないかもしれません。

■非正規の求人は転職支援サービスで探す
公立病院が募集している非正規の求人は、民間の転職支援サービスなどにも集まります。正規の募集は地方自治体が直接行なうので、転職支援サービスなどには情報が出回らないのですが、非正規の募集なら出てきます。正規職員の場合は自治体が一括で採用して各公立病院に派遣するのですが、非正規の場合は病院が単体で募集する場合があるので、自治体でなく病院に直接応募すればいいのです。

しかし、各病院の求人情報を個人で全て把握する作業は大変です。上手に転職支援サービスを利用して、情報収集に取り掛かってください。

>>公務員として働きたい看護師さんはチェック!人気サイトランキングはここ!

公務員の看護師求人に強いサイトランキング!