看護師求人公務員トップページ > 四国の公務員の看護師の求人事例は?

四国の公務員の看護師の求人事例は?

全国的に看護師不足が叫ばれている中、四国は四県とも看護師の数が充足しています。平成24年の「各県の人口10万人あたりの看護師数」を見てみると、特に高知県と徳島県では看護師が1,500人以上とかなり潤っている状況にあります。香川県と愛媛県でも看護師が1,300以上-1,500人未満と全国的にみて看護師の数は多い方です。関東では看護師不足が深刻な状態にあり、これは明治維新以降の名残りと言われており、元々官軍の地元であった西日本の方が医学校が充実していたという理由があります。看護師の資格を取得すると単身赴任は考えにくく、多くの看護師が地元で就職するケースが多いです。ですから看護師を要請する施設の多い西日本、とりわけ四国では看護師の数が充足しているのです。

看護師の就職先として人気なのが公務員看護師です。公務員の待遇で働くことができるので福利厚生が充実しており、女性看護師が結婚しても出産しても長く働き続けることができるからです。例えば、香川県立病院は地域を支える中核ともいえる大規模な病院です。常に患者さんの立場にたち、地域の皆さまに必要とされる治療を安全かつ確実に提供し、高度先進医療の推進にも努力しています。香川県立病院で求める看護師とは、病院の理念に基づく質の高い看護サービスが提供でき、かつ豊かな感性と創造性を有しており、専門職業人として自信と誇りを持ち自律している看護師です。香川県立病院の魅力といえば充実した教育制度でしょう。

こちらの病院では専門看護師や認定看護師の資格取得をバックアップしており、実際に複数の専門看護師と認定看護師が働いています。香川県立病院に就職するとまずは先輩看護師とペアになって行う新人研修が始まります。新人看護師が陥りがちなリアリティショックを最小限に抑えるように配慮しつつ、新人看護師が目標を達成するように導き、指導する先輩看護師側も指導を通して成長できるようなプログラムとなっています。また香川県立病院では看護師育成のために「クリニカルラダー」制度を取り入れており、看護の実践能力を4つの段階のラダー(はしご)に見立てて成長段階の目安としています。ラダー1は新人レベルでラダー4は達人レベルに相当します。ラダー4では部署の問題を明確にして戦略的に取り組み、改善できる、スタッフへの教育・指導的役割がとれる、実践能力について自己研さんを深めることができるというレベルでるから、すぐには到達することができませんが、香川県立病院に採用されたら是非目指していきたいレベルです。

>>公務員として働きたい看護師さんはチェック!人気サイトランキングはここ!

公務員の看護師求人に強いサイトランキング!