看護師求人公務員トップページ > 公務員の看護師の退職金の相場は?

公務員の看護師の退職金の相場は?

民間病院で働く看護師と、公務員看護師とでは、待遇面でかなりの違いが存在するようですね。もちろんその地域によっても、その差はさまざまであることから、一概には言えませんが、一般的には、民間病院よりも、公立病院などで働く公務員看護師の方が優遇されているというのが、現実的にあるようですよ。

近年では、公務員の優遇、官民格差ということが非常に社会的にも注目を浴びるようになってきています。ですから公務員の給与カットや、ボーナスカットなどを、政治家などが出汁に使って、さまざまな人気取りに役立てていますが、実際にはそこまで行われていないというのが、現状のようですよ。マスコミなどでも、こんな格差が!としばしばニュースとして取り上げられますが、現実的には、かなり格差があるのが現実なのです。

医療関係だけでなくても、こういった格差は取り上げられています。たとえば、国家公務員の実年収は、808万5000円で、民間サラリーマンの平均は412万円ということが言われているのですよ。これを見ればわかるように、まさに2倍もの格差が存在しているのですよ。同一職業の官民差というものをちょっとあげてみると、以下のようなことが分かっています。

まずは医師です。公務員医師の場合には、年収が約1541万5600円というのが相場とされています。それに対して民間の医師は、1169万円。約200万円もの格差が存在しているのです。歯科医師の場合には、公務員歯科医師であれば、1541万5000円となっており、民間の歯科医師ではなんと750万5000円となっているわけです。つまりは2倍ですよね。薬剤師の場合には、公務員薬剤師は595万円に対して、民間の薬剤師は500万3000円となっており、約100万円の格差が生じています。最後に看護師です。看護師の場合は、公務員看護師の場合には、566万2000円に対して、民間の看護師は、474万5000となっています。ここでも約100万円の格差が生じているわけです。

退職金に関して言っても、こういった格差は当然にあり、民間のものよりも、当然に公務員の方が高いということが分かっています。また定年前に自主退職する国家公務員向けの退職金優遇制度というものができてから、退職金に関しては、最大で4割増でもらうことが出来る可能性もあることから、ますます退職金についての格差が生まれているということが言われているんですね。

>>公務員として働きたい看護師さんはチェック!人気サイトランキングはここ!

公務員の看護師求人に強いサイトランキング!