看護師求人公務員トップページ > 東北地方の公務員の看護師の求人事例は?

東北地方の公務員の看護師の求人事例は?

東北には都市部を中心に民間の医療機関が豊富にありますが、その東北であえて公務員として看護師の仕事をやってみたいと思った場合は、どれほど実現の可能性があるのでしょうか? そこで今回は東北各県から出ている情報などを参考に、東北で公務員として看護師職に就きたい人に向け、情報をまとめたいと思います。

■県によっては一部独立行政法人化している病院も
大まかな結論から先にいいますが、東北各県であれば、まだ公務員の看護師職は残っています。もちろん一部には独立行政法人化して非公務員型の職員を採用し始めた医療機関もあります。 例えば平成18年から宮城県の県立病院は独立行政法人化し、職員の立場も公務員ではなくなりました。平成20年では山形県の病院が、平成21年には秋田県の病院が独立行政法人化して、非公務員型の人材採用制度をスタートさせています。

一部の県立病院は既に公立ではなくなり、働いている職員も公務員ではなくなってしまっているのですね。 ただ一方で、公務員として看護師を採用している自治体は東北には残っています。県ではなく市での採用になりますが、例えば青森県の八戸市のように、地方公務員採用試験の筆記を免除し、看護師の専門知識テストと面接だけを試験科目にして、より多くの優秀な人材を採用したいと動いている自治体もあります。 看護師でありながら地方公務員になりたいと考える人にとっては、まだまだ東北は狙い目なエリアだといえるかもしれません。

■求人は各自治体のホームページで
ただ、東北各県あるいは東北エリアにある市町村から出ている公務員の看護師求人を探したい場合は、各自治体が直接作成している公式ホームページで求人を自分でチェックする必要があります。 残念ながら地方公務員の正規職員採用情報は、一般的に民間の転職サイトに情報が出てきません。自治体のホームページで直接チェックする必要があるのです。まずは気になる東北の県、あるいは県内の市町村で公務員の看護師求人が出ていないか、チェックしてみてください。

以上、東北の公務員看護師の求人をチェックしてみましたが、いかがでしたでしょうか? 一部の県立病院が独立行政法人化し、職員を非公務員の一般サラリーマンとして採用し始めていると語りましたが、まだまだ公務員採用の求人も一方であります。どうしても公務員としての採用にこだわる人は、各自治体のホームページを丁寧にチェックしてみてくださいね。

>>公務員として働きたい看護師さんはチェック!人気サイトランキングはここ!

公務員の看護師求人に強いサイトランキング!